2015年02月06日

第7回交流会を東京・八重洲で開催します

第7回交流会チラシサンプル(小).jpg

来る3月21日(土)の14時00分※1から、東京・八重洲のAP東京八重洲通り12階G会議室にて第7回交流会を開催します。

今回は筑波大学小児外科で高カロリー輸液や経腸栄養など栄養療法がご専門の増本幸二先生に短腸症候群に対する栄養療法についてご講演いただくほか、増本先生も参加する患者や家族同士による座談、交流会終了後に別会場にて希望者による親睦会を予定しています。

短腸症候群を中心にクローン病やヒルシュスプルング病、慢性特発性偽性腸閉塞症(CIIP)、巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症(MMIHS)、腸管神経節細胞僅少症(HG)、小腸機能障害など小腸が短かったり、機能していない方がこれらの病気や障害を専門とする医師の話を聞いたり、ほかの患者や家族と直接会って話をしたりする機会はなかなかありません。専門医の話を聞いてみたい方、ほかの患者や家族と直接会ってみたい方、特に、高カロリー輸液を止めるために経腸栄養を始めたのだけれどうまくいっていない方、口からだけでは栄養が足らなくて栄養剤も飲んでいるけれど効果のない方、使っている栄養剤が体や口に合わなくて困っている方はぜひこのチャンスを活用してください。

なお、会場準備と予算の都合から、親睦会への参加には2月28日(土)までの事前申込と当日に飲食費の負担が必要です。また、5名以上のグループで交流会に参加する場合も2月28日(土)までに事前申込をお願いします。それ以外の場合でも、事前申込をされた方には事前に名札と交流会で使用する資料を用意しておきますので、スムーズな受付ができます。事前申込をされる方は上記チラシのお問い合わせにある住所かメールアドレスまでお申し込みください※2

1人でも多くの方の参加を心からお待ちしています。

(代表理事:高橋(正)記)

※1:受付は13時30分開始
※2:今回も事前申込をされた当会会員限定で、上限付きの交通費の補助を行います。希望される会員も2月28日(土)までに上記チラシのお問い合わせにある住所かメールアドレスまでお申し込みください

【関連記事】
「第6回交流会を大阪市で開催します」
「第5回交流会を福岡市で開催します」
「第4回交流会を札幌市で開催します」
「第3回交流会を東北大病院で開催します」
「第2回交流会を東京で行います」
「第1回交流会が無事終わりました」
「第1回集会を水戸で開きます」
「来年からイベントを年数回行います」
ラベル:交流会 イベント
posted by 高橋(正) at 22:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。