2015年09月12日

第10回交流会を福岡市で開催します

第10回交流会チラシサンプル(小).jpg

来る11月29日(日)の14時00分※1から、福岡市の九州大学病院 総合研究棟にて第10回交流会を開催します。

今回は九州大学小児外科においてヒルシュスプルング病やヒルシュスプルング病類縁疾患がご専門で小腸移植も担当されている田口智章先生に短腸症候群に対する再生医療の研究についてご講演いただくほか、田口先生を始めとする専門の先生も交えての親睦※2を予定しています。

短腸症候群を中心にクローン病やヒルシュスプルング病、慢性特発性偽性腸閉塞症(CIIP)、巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症(MMIHS)、腸管神経節細胞僅少症(HG)、小腸機能障害など小腸が短かったり、機能していない方がほかの患者や家族と直接会って話をしたりする機会はなかなかありません。ほかの患者や家族と直接会ってみたい方、特に、ほかの患者や家族の話を聞いてみたい方はぜひこのチャンスを活用してください。

なお、1週間前までに事前申込をされた方には名札と交流会で使用する資料を用意しておきますので、スムーズな受付ができます。また、来場者多数となった場合には優先して参加することもできます。事前申込を希望される方は上記チラシのお問い合わせにある住所かメールアドレスまでお申し込みください※3

1人でも多くの方の参加を心からお待ちしています。

(代表理事:高橋(正)記)

※1:受付は13時30分開始
※2:参加できない方を対象に、参加者への質問を受け付けます。受け付けた質問は座談の中で当会スタッフが代わりに質問して答えを聞き、メールか郵便にてお伝えしますが、寄せられた質問が多数の場合はお断りする場合もありますので、あらか今回もじめご了承ください。希望される方は1週間前までに上記チラシのお問い合わせにある住所かメールアドレスまでお申し込みください
※3:事前申込をされた当会会員限定で、上限付きの交通費の補助を行います。希望される会員も10月31日(土)までに上記チラシのお問い合わせにある住所かメールアドレスまでお申し込みください

【関連記事】
「第9回交流会を札幌市で開催します」
「第8回交流会を仙台市で開催します」
「第7回交流会を東京・八重洲で開催します」
「第6回交流会を大阪市で開催します」
「第5回交流会を福岡市で開催します」
「第4回交流会を札幌市で開催します」
「第3回交流会を東北大病院で開催します」
「第2回交流会を東京で行います」
「第1回交流会が無事終わりました」
「第1回集会を水戸で開きます」
「来年からイベントを年数回行います」
ラベル:交流会 イベント
posted by 高橋(正) at 23:32| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参加したかったです!次回福岡で開催される際は必ず参加します!よろしくお願いします!
Posted by daisuke(佐世保) at 2015年12月18日 22:49
daisuke(佐世保)さん、初めまして。
当会の代表理事を務める高橋と申します。
来年も11月に福岡にて開催する予定ですので、その際はぜひご参加ください。
Posted by 高橋(正) at 2015年12月19日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。