2017年07月08日

『短腸症候群の方のお食事の注意点』

※2017/7/8 情報を更新しました。

高カロリー輸液や経管栄養など、栄養療法がご専門の管理栄養士 一丸様から、短腸症候群の患者が食事の際に何に気を付けたら良いかを分かりやすくまとめた冊子をご提供いただきましたので、ご紹介します。

食事療法2017_1ページ.gif

食事療法2017_2ページ.gif

食事療法2017_3ページ.gif

短腸症候群になると、食事ができるようになっても、どんなものなら食べて良いか、また、どんなものは避けた方が良いかが分からなくて困ることがあります。

この冊子はこれらが具体的に分かりやすく書かれているほか、食事の食べ方やサプリメントなど栄養補助食品を使う際の注意、中長期的に気を付けること、小腸や短腸症候群についても分かりやすく書かれています。

患者や家族が食事について学ぶだけでなく、担当医や学校などの関係者などに説明したり、お願いしたりする際にも役に立つと思いますので、ぜひお手元に置いてご活用ください。

なお、上の画像をクリックするとより大きな画像で読めますが、印刷には適さないので、下の「ダウンロード先」からダウンロードしてください。また、ダウンロードできない、ダウンロードしても印刷できないなどの場合は、下の「お問い合わせ先」までお問い合わせください。印刷した冊子を郵送いたします。

(代表理事:高橋(正)記)

【ダウンロード先】
『短腸症候群の方のお食事の注意点』

【お問い合わせ先】
一般社団法人 短腸症候群の会
〒319-1553 茨城県北茨城市中郷町汐見ヶ丘4-297-43
電子メール sbsa2014(a)gmail.com((a)を@に置き換えて送ってください)
ラベル:食事 合併症
posted by 高橋(正) at 22:27| Comment(0) | 参考論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。