2017年06月17日

高カロリー輸液のルート閉塞について

この記事は当会会報16号からの転載です。また、筆者が調べた情報から参考になると判断したものをまとめて作成しましたが、絶対に正しいと保証するものではありません。この記事をどう利用されるかはご自身の判断と責任になります。当会は責任を負えませんので、あらかじめご了承願います。
※当会会報16号では「CVC」のことを「CV」と誤って表記していたため、修正しています。

高カロリー輸液を行うためのCVC(中心静脈カテーテル)を入れるルートは、左右の内頸静脈と左右の鎖骨下静脈、左右の大腿静脈の6本あります。閉塞すると血液も流れなくなるので、血液は周りの血管を流れるようになって、内頸静脈や鎖骨下静脈、そして、この2つの静脈がつながる上大静脈が閉塞した場合は、首や胸元の表皮静脈が青く網の目のように目立つことがあります。

治療法は小腸移植のほか、閉塞したルートに改めてCVCを入れられるように、ウロキナーゼやヘパリンという薬を使って閉塞の原因である血栓を溶かしたり(血栓溶解療法)、血栓ができにくくしたり(抗凝固療法)、カテーテルについたバルーン(風船)を使って閉塞し始めている部分を押し広げたり(PTA/経皮的血管拡張術)、カテーテルを使ってステントと呼ばれる筒状の網を入れて(ステント留置)閉塞しにくくしたりする方法があります。また、腕頭静脈や肝静脈、腰静脈など6本以外のルートからCVCを入れる方法もあります。

ルート閉塞の原因は、血液に含まれるフィブリンなどがCVCに反応して固まることで血栓になったり、CVCや近くの血管にくっついて血管を細くしたりすることです。このくっついたものがCVCの先端でひらひらとしたもの(線維性皮膜)になると、逆血がとれなくなることがあります。このときに無理な操作をするとひらひらとしたものがちぎれて血栓になることがあるので、慎重に対応する必要があります。

フィブリンなどが固まるのは傷口をふさぐ働きでもあるので完全に防ぐことはできませんが、ルート閉塞が起こりにくいようにする方法としては、消毒などの日常的な清潔操作、予防的なエタノールロック、CVCの早めの入れ替え、高カロリー輸液のカロリーをなるべく下げる、といったカテーテル感染の予防法のほか、ロック時にヘパリン生食を使ったフラッシュを徹底して行う、CVCからはなるべく脂肪製剤を入れない、体質などで血栓ができやすい場合は高カロリー輸液にヘパリンを加える、早めの検査と治療、があります。

(代表理事:高橋(正)記)

【参考】
当会第17回交流会で行われた、慶應義塾大学医学部小児外科の下島直樹先生の講演・ほか
posted by 高橋(正) at 22:54| Comment(0) | 参考情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。