2013年09月16日

経口補水液

【名称】経口補水液(けいこうほすいえき)
【メーカー】日本薬剤株式会社

【味】
・無色透明の梅昆布茶のような感じです
・甘みはほとんど感じません
・一般の清涼飲料水に比べて、とろみがあるように感じます
・好みが分かれると思います
・OS−1に比べて少しもったりした味のように感じます

【飲みやすさ】
・500mL入りですが、ペットボトルなので、少しずつ飲めます
・味が濃いので、一回で飲むといった飲み方には向かないと思います

【間違えやすさ】
・ペットボトルの側面に「経口補水液」と大きく書かれていますが、ペットボトルの形状は一般のペットボトルと変わらないので、混ぜて保管していると取り違うことがあるかもしれません

【面倒くささ】
・500mLを少しずつ飲むことになるので、持ち歩いたりするのが少し面倒かもしれません

【飲むコツ】
・一般の清涼飲料水ではなく、梅昆布茶だと思って飲むと、違和感を感じにくくなるかもしれません

【その他】
・OS−1より安いのが一番の特徴で利点かと思います
・保管状況にもよると思いますが、開栓後丸1日くらいなら常温で保存しても大丈夫でした

posted by 高橋(正) at 23:29| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

GFO

【名称】GFO(ジーエフオー)
【メーカー】大塚製薬

【味】
・無色透明でポカリスエットを薄めたような感じです

【飲みやすさ】
・あまり癖がなく、飲みやすいです。何かつまむものがあると良いです

【面倒くささ】
・粉末を溶かして飲む必要があります。溶かして長くおいておけないので、飲むたびに作るのが面倒かもしれません

【その他】
・名前は成分であるグルタミン、食物繊維、オリゴ糖の頭文字から取ったそうです
・肯定的な意見、否定的な意見の両方があって、確実に効果を期待できるわけではないようです
・実際に効果があったかは、飲んでない状態と比較できないので不明ですが、少なくとも悪化はしていません
・ちょっと価格が高いです

【参考】
NEMKさんによるレビュー
「GFO」(大塚製薬の通信販売のページ)
「GFO療法」(日本大学板橋病院栄養サポートチームの会報誌)※PDF注意
「GFO療法」(「キーワードで分かる臨床栄養」内のページ)

【関連記事】
「少しずつ読んでいます」
「『残存小腸0cm の短腸症候群患者に対するNST の介入』」
posted by 高橋(正) at 22:48| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

OS−1

【名称】OS−1(おーえすわん)
【メーカー】大塚製薬

【味】
・無色透明の梅昆布茶のような感じです
・甘みはほとんど感じません
・一般の清涼飲料水に比べて、とろみがあるように感じます
・好みが分かれると思います

【飲みやすさ】
・500mL入りですが、ペットボトルなので、少しずつ飲めます
・冷やした方が飲みやすいかもしれません
・一回で飲むといった飲み方には向かないと思います

【間違えやすさ】
・ペットボトルの側面に「OS−1」と大きく書かれていますが、ペットボトルの形状は一般のペットボトルと変わらないので、混ぜて保管していると取り違うことがあるかもしれません

【面倒くささ】
・500mLを少しずつ飲むことになるので、開封後に冷蔵保存したり、持ち歩いたりするのが少し面倒かもしれません

【飲むコツ】
・一般の清涼飲料水ではなく、梅昆布茶だと思って飲むと、違和感を感じにくくなるかもしれません
・冷やした方が味をあまり感じないかもしれません

【その他】
・特にありません

【詳しい情報はこちら】
『経口補水液「OS-1(オーエスワン)」』

posted by 高橋(正) at 23:44| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

半夏寫心湯

【名称】半夏寫心湯(はんげしゃしんとう)
【メーカー】ツムラ

【味】
・とにかく苦いです
・小さい子供には向かないと思います

【飲みやすさ】
・ひどくお湯に溶けにくいので、お湯に沈んだ顆粒を飲むつもりでいた方が良いかもしれません
・器にくっつきやすいようなので、飲み終わったと思っても、残った顆粒を改めて飲む必要があったりします

【間違えやすさ】
・袋の表面にはっきり「半夏寫心湯」と書かれていますし、識別用の「14」という数字も大きく書いてあるので、間違えることは少ないと思います

【面倒くささ】
・お湯(白湯)に溶いて飲むので、外出時にお湯を確保するのが少し面倒かもしれません
・溶け残りや器にくっついてしまった顆粒に気を付けなければならないのはちょっと面倒です

【飲むコツ】
・先にクスリを入れて、熱いお湯で溶いてから、飲みやすい温度になるまで水で薄めると飲みやすいです
・溶け残りがある場合は、湯飲みを振ってお湯を回転させて、その勢いで溶け残りを押し流す感じで飲むときれいに飲めます。湯飲みを振るときは、お湯の量が3分の1以下だとこぼれることがないように思います
・一口ごとに一息に飲み込むと、あまり味わわなくてすみます

【その他】
・特にありません

【専門的な情報はこちら】
 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200123.html(『おくすり110番』内)
posted by 高橋(正) at 22:13| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

タフマックE配合カプセル

【名称】タフマックE配合カプセル
【メーカー】小野薬品工業

【味】
・特にありません

【飲みやすさ】
・大型のカプセルなので、大人でも気になるとちょっと飲みにくかったりします

【間違えやすさ】
・包装材に「タフマックE配合カプセル」とはっきり書かれていますが、特徴のないカプセルなので、複数のカプセルを飲む場合はよく確認する必要があります

【面倒くささ】
・特にありません

【飲むコツ】
・多めの白湯で一気に飲み下すようにすると飲みやすいと思います

【その他】
・特にありません

【専門的な情報はこちら】
 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se23/se2339149.html(『おくすり110番』内)
posted by 高橋(正) at 12:00| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

エンシュア・リキッド

【名称】エンシュア・リキッド(バッグは使ったことがないので分かりません)
【メーカー】明治乳業

【味】
・バニラ味、コーヒー味、ストロベリー味の3種
・甘いです

【飲みやすさ】
・甘くて少し口に残りますが、そんなに気になるほどではありません

【間違えやすさ】
・缶は表面に「エンシュア・リキッド」と書かれていますし、缶の形状やデザインも独特なので、間違えることは少ないと思います
・エンシュア・Hとは同じ缶を使っているので、ラベルをよく確認する必要があります

【面倒くささ】
・振った缶をプルトップで開けて飲むだけなので、飲むのは簡単ですが、飲みかけを保管するのは面倒と思います
・缶は250mL入りでスチール製なので、保管したり、持ち運ぶときには重くてかさばります

【飲むコツ】
・冷たくしすぎると飲んだあとに体が冷えるので、常温から人肌くらいにしておくと飲みやすいと思います
・味の好みはあると思いますが、バニラ味とストロベリー味は飲みやすく感じました。どちらも少し濃いめの乳飲料という感じで、さほど違和感がありません。コーヒー味はちょっと微妙な感じでした。

【その他】
・24缶入った段ボール箱はかなり思いので、取り扱いには十分気を付けてください

【専門的な情報はこちら】
 http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen32/sen3259109.html(『おくすり110番』内)
posted by 高橋(正) at 20:17| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

エンシュア・H

【名称】エンシュア・H
【メーカー】明治乳業

【味】
・バニラ味、コーヒー味、バナナ味、黒糖味の4種
・とにかく甘くて、口に残ります

【飲みやすさ】
・濃くて甘くて口に残るので、飲み終わったらうがいをしたり、水などさっぱりしたもので口直しをすると良いと思います

【間違えやすさ】
・缶の表面に「エンシュア・H」と書かれていますし、缶の形状やデザインも独特なので、間違えることは少ないと思います

【面倒くささ】
・振った缶をプルトップで開けて飲むだけなので、飲むのは簡単ですが、飲みかけを保管するのは面倒と思います
・250mL入ったスチール缶なので、保管したり、持ち運ぶときには重くてかさばります

【飲むコツ】
・冷たくしすぎると飲んだあとに体が冷えるので、常温から人肌くらいにしておくと飲みやすいと思います
・味の好みはあると思いますが、私はバナナ味が一番飲みやすく感じました。濃いめのバナナ牛乳という感じで、さほど違和感がありません。バニラ味はエンシュアリキッドより「濃い」とはっきり感じますし、コーヒー味と黒糖味はちょっと微妙な感じでした。

【その他】
・24缶入った段ボール箱はかなり思いので、取り扱いには十分気を付けてください

【専門的な情報はこちら】
 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se32/se3259114.html(『おくすり110番』内)
posted by 高橋(正) at 21:33| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

十全大補湯

【名称】十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
【メーカー】ツムラ

【味】
・苦いと甘いの中間くらいで、初めて飲んだとき、それほど「苦い」と感じませんでした

【飲みやすさ】
・お湯に溶けにくいみたいで、溶け残りに気を付ける必要があります

【間違えやすさ】
・袋の表面にはっきり「十全大補湯」と書かれていますし、識別用の「48」という数字も大きく書いてあるので、間違えることは少ないと思います

【面倒くささ】
・お湯(白湯)に溶いて飲むので、外出時にお湯を確保するのが少し面倒かもしれません
・溶け残りに気を付けなければならないのも少し面倒かもしれません

【飲むコツ】
・先にクスリを入れて、熱いお湯で溶いてから、飲みやすい温度になるまで水で薄めると飲みやすいです
・溶け残りがある場合は、湯飲みを振ってお湯を回転させて、その勢いで溶け残りを押し流す感じで飲むときれいに飲めます。湯飲みを振るときは、お湯の量が3分の1以下だとこぼれることがないように思います

【その他】
・特にありません

【専門的な情報はこちら】
 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200069.html(『おくすり110番』内)
posted by 高橋(正) at 21:32| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

大建中湯

【名称】大建中湯(だいけんちゅうとう)
【メーカー】ツムラ

【味】
・辛いです
・山椒が入っているので、小さな子供など、辛いものが苦手な人には向かないかもしれません

【飲みやすさ】
・お湯に溶けやすいので、溶け残りはあまり気にしなくてすみます

【間違えやすさ】
・袋の表面にはっきり「大建中湯」と書かれていますし、識別用の「100」という数字も大きく書かれているので、間違えることは少ないと思います

【面倒くささ】
・お湯(白湯)に溶いて飲むので、外出時にお湯を確保するのが少し面倒かもしれません

【飲むコツ】
・先にクスリを入れて、熱いお湯で溶いてから、飲みやすい温度になるまで水で薄めると飲みやすいです
・一口ごとに一息に飲み込むと、あまり味わわなくてすみます

【その他】
・特にありません

【専門的な情報はこちら】
 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200092.html(『おくすり110番』内)
posted by 高橋(正) at 19:47| Comment(0) | クスリのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。